匠日記

匠日記

2015/04/03

【作業事例】横型マシニングセンタの搬入・据え付け作業

今回は横型マシニングセンタの搬入・据え付け作業の事例をご紹介します。
弊社のお得意様の依頼で、オーバーホールした横型マシニングセンタをお届けする仕事でした。
横型マシニングセンタ搬入・据え付け作業の手順は、
①現調→②打ち合わせ→③搬入→④据え付け です。
 
①現場調査(下見)
まずは現場を見せて頂き、
搬出経路のサイズ(幅と高さ)と地盤状況と機械のサイズを確認します。
現場調査は作業日と別日に実施します。
 
②お打合せ
搬出スペースと作業スペースについて、お客様とお打合せさせて頂きます。
安全に作業を完了できるようにお客様に搬出・作業スペースの確保してもらいます。
 
③搬入
 
 
作業当日、搬入するマシニングセンタをセーフティーローダーに乗せて現場にお届けします。
最初作業現場の地盤の養生をします。
そしてセーフティーローダー荷台上にあるマシニングセンタをジャッキアップします。
次はウインチをセットし、ローラーをマシニングセンタの下に設置します。
セーフティーローダーを使用し、荷台のスライドと傾斜を利用し、ウインチを緩めていきます。
緩やかにマシニングセンタを荷台から降ろしていきます。
マシニングセンタが荷台から降りたら、別のウインチを工場側にセットします。
そしてマシニングセンタを工場内にコロ引き搬入します。
 
④据え付け
据えつける位置を決めて、
お客様の了解を得てから機械をジャッキアップして、ローラーを外し、マシニングセンタを据えつけます。
最後にレベル出し調整をします。
 
これで機械の移設作業は完了です。
 
作業完了後、お客様立会い頂き、問題がないことを確認して頂きます。
この機械移設作業スタイルだど、1台で荷卸しが出来きます。
その為、お客様から「コスパがいい」と喜ばれます。
 
何より、クレーン等で吊り上げて落ちるリスクもなくなり、
安全性も高くなります。
 
あとは、お客様に「早いね!」って喜ばれることも弊社の強みです。
 

  • カテゴリ:作業事例
  • ブログ執筆者:juryo-master
1 / 11

「工場に機械を据付たい・・・」
など、重量機械に関するお悩み事 承ります!!